ルーレットでパーレイ法を使ってオンラインカジノで稼ぐために必要なこととは

パソコンとトランプとダイス

オンラインカジノでは、ルールが分かりやすく、気軽に参加しやすいルーレットに人気がありますが、ルーレットをする場合にはパーレイ法を利用すると、損失を少なくしながらも、お金を増やすことが出来るかもしれません。
パーレイ法を一言で説明するのであれば、勝っている間は掛け金を倍にしてかけていく方法です。最初に100円を賭けて勝った場合、次に賭ける金額は200円、次は400円、次は800円といった様に、連勝している間は直前の掛け金を2倍にしていくという、簡単とも言える手順となっています。仮に負けた場合は一から戻り、100円からの掛け金開始になります。

連勝すれば連勝する程、掛け金が増えていくため、負けた時に大きな損失になるようなイメージを受けるかもしれませんが、配当2倍の書けの場合であれば、100円の掛け金であれば100円の収支、200円の掛け金であれば300円のトータル収支、400円であれば700円のトータル収支といったように、実際には損のない掛け金の方法といえます。
ではパーレイ法で負けた時の損失はどうなるのでしょうか。
ルーレットで最初は勝ち、2回目の200円の掛け金で負けた場合、トータルの掛け金は300円であり、最初にゲットした賞金は200円なので100円の損失になります。また3回目であればトータルの掛け金は700円で、トータルの賞金は600円なので損失は100円、4回目であればトータルの掛け金は1500円で、トータルの賞金は1400円なので損失は100円になります。つまりパーレイ法でルーレットを楽しむのであれば、どのタイミングで負けても損失は一定金額でありながらも、連勝すれば大金を掴むことも可能になるのです。

オンラインカジノでは、1セントから遊べるものも多いですが、それでは買った時の喜びが少ない可能性もあるため、1ドルから始めると損失は少ないですし、連勝すれば良いかもしれません。またルーレットで連勝を続けることは難しいため、プラスにすることを目指すのであれば、連勝し続けることを取るのではなく、4連勝や5連勝などしたら一度、打ち切り、最初に戻って一から始めることも大切なことになります。
オンラインカジノは全てが画面の中で行われるため、連勝しているとそのまま続けてしまいがちですが、状況によって止める判断を下すことは、オンラインカジノで最も重要なポイントになります。


オンラインカジノでラブシェール法を使いこなして強い武器にしよう

オンラインカジノをプレイする

近年ではカジノの需要が高まり、オンラインカジノを楽しんでいる人も多く見られます。オンラインカジノをプレイするうえで、うまく攻略法を活用すると勝てる確率も格段に上がるでしょう。
オンラインカジノの攻略法は、賭け金額を調整することによって、勝率のアップを目指すものです。一言で攻略法といっても様々な種類のものがあり、だれでもすぐに使えるようなものもあれば、すぐには使いこなせないものも存在しています。

攻略法は三つのタイプに分かれていて、資金を守るものやガンガン攻め立てるもの、攻守のバランスに優れているものの三つがあります。勝ちの波を自分の方に引き寄せるまでしっかり守り、チャンスが来たら一気に攻め上げると言うように状況に応じ使い分けることによって、これまで以上に大きな勝利を手にすることにつながります。

使いこなすことによって心強い武器となる攻略法の一つに、ラブシェール法とよばれるものがあります。ラブシェール法はリスクを抑えて価値を積み重ねるために工夫されたものであり、簡単に言うと最大損失額を決めてから攻め立てる方法です。どちらかというと攻守のバランスに優れているタイプと言えるでしょう。
具体的にラブシェール法がどのような特徴があるのかというと、掛け金を増減させることによって収益を上げていく攻略法といえば分かりやすいでしょう。掛け金の計算基準となるものか数列であり、これが最大損失額にもつながります。この攻略法が使えるものは、勝率が約50パーセントとなるゲーム、つまりはルーレットの赤黒やバカラ、ブラックジャックなどのゲームで効果を発揮することになるでしょう。

使い方としては、まず4個から8個ぐらいまでの好きな数字を並べます。賭け金はそれぞれの数列の最初と最後の二つの合計となります。もしも1から6の数字を並べたのであれば、最初の1と最後の6の合計となる7が賭け金となります。もしも勝った場合には勝った金額をこの数字の列の最後に追加していきます。もしも負けてしまった場合には、最初と最後の数字を消していきましょう。勝てば勝つほど掛け金が増加するので、一定の利益を得ながら最初に戻ることができます。